介護の支援・相談

サービス内容

居宅介護支援の内容

  • 居宅サービス計画の作成
  • 居宅サービス事業者との連絡調整
  • サービス実施状況把握、評価
  • 利用者状況の把握
  • 給付管理
  • 要介護(支援)認定神聖に関する協力、援助
  • 相談業務

※上記の内容は居宅介護支援の一連業務として、介護保険の対象となるものです。

利用者の居宅への訪問頻度のめやす

介護支援専門員が利用者の状況把握のため、利用者の居宅に訪問する頻度の目安は、利用者の要介護認定期間中、1ヶ月に1回程度です。

※ここに記載する訪問頻度の目安回数以外にも、利用者からの以来や居宅介護支援業務の遂行に不可欠と認められる場合で利用者の承諾を得た場合には、介護支援専門員は利用者の居宅を訪問することがあります。